ブランド服を高価買取してもらうコツとは?ブランド服に需要がある理由

2023/11/22

購入したものの、あまり出番がないブランド服はありませんか。

高額買取になりやすいハイブランドの服は、お手入れが大変な素材も多いため、なるべく早く手放すことをおすすめします。

今回は、ハイブランドの定義やブランド服を高く買い取ってもらうコツ、素材別のお手入れ方法もご紹介します。

ブランド服の買取相場

出番が少なくなったブランド服は、売却することを検討してみましょう。

ブランド服といっても、ブランドのランクやシーズン・アイテムによって買取相場が異なります。

ここでは、ブランドの価格帯別におおよその買取相場を紹介するので、参考にしてみてください。

ブランド服に需要がある理由

ブランド服は、デザインや素材にこだわって作られているため、新品・古着に関わらず需要があります。

エルメスやシャネルなどのハイブランドはもちろん、ナイキやシュプリームなどの熱狂的なファンがいるブランドは買取市場でも人気です。

とくに、売り切れてしまった限定アイテムやコラボアイテム、ドラマなどで芸能人が着用したアイテムは、古着でも需要が高い傾向にあります。

ハイブランドの相場

ハイブランドとは、エルメスやグッチ、ルイ・ヴィトン、シャネルなどの世界的に有名な高価格帯ブランドのことです。

定価で購入すると10万円以上するアイテムが多いため、買取価格も高額になりやすいでしょう。

買取相場は定価の半分ほどですが、服の状態などによって変動します。

ミドルブランドの相場

ミドルブランドとは、高価格帯と低価格帯の中間の価格帯で販売しているブランドのことで、国内ブランドやセレクトショップで取り扱っているブランドを指します。

ビームスやシップス、ユナイテッドアローズが代表的なミドルブランドです。

定価が1万円~5万円ほどの価格帯で、買取相場は定価の10分の1程度となっています。

ノーブランド・ファストファッションブランドの相場

ノーブランドの定義は買取業者によって異なりますが、多くの買取業者では、定価が低い価格帯の服をノーブランドとしています。

ユニクロやZALAなどのファストファッションはノーブランドに分類され、買取価格がつかないことも少なくありません。

買取相場は定価の10分の1以下となることが多いですが、ユニクロや無印良品などのダウンジャケットは2000円前後になることもあります。

買取価格が低いのは、新品でもあまり高価ではないため、古着で購入する方が少ないことが挙げられます。

ブランド服の買取業者を選ぶ際に注意すべきこと

ブランド服を売却する際は、買取業者選びが重要です。

買取業者がブランドについての知識や経験が不足している場合、価値を評価してもらえない可能性があります。

ブランド服の買取実績

買取業者の公式サイトなどで、ブランド服の買取実績があるか確認してみましょう。

買取実績がある買取業者では、各ブランドの市場価値・相場について経験や知識がある査定員が在籍しています。

適正な価値を評価してもらうことができるよう、ブランド服の買取実績がある買取業者に依頼することをおすすめします。

売りたいブランド服が買取対象かどうか

買取業者によって対応しているブランドが異なります。

価格帯が幅広く、ブランド数が多いミドルブランドは、販売から3年以上経過していると買い取ってもらえないこともあるため、事前に問い合わせてみましょう。

また、ブランドによっては買取強化キャンペーンを行っていることもあります。

お手持ちのブランドが対象になっている場合、高価買取につながるかもしれません。

送料や梱包代

宅配買取を利用する方は、送料や梱包代などの手数料に注意しましょう。

自宅から発送するだけなので手軽に利用できますが、段ボールなどの梱包代、買取業者までの送料が手数料として差し引かれてしまうことがあります。

手数料無料の買取業者だとしても、キャンセル時の返送代やキャンセル料がかかることもあるため、査定を依頼する前によく確認しておきましょう。

ブランド服を高価買取してもらうコツ

高価なブランド服でも、査定時の状態が悪ければ買取価格は低くなってしまいます。

また、服はシーズンによって需要が高い時期とそうではない時期があるため、買取価格が異なることも珍しくありません。

ここでは、高く買い取ってもらうコツをご紹介します。

できる範囲できれいにしておく

汚れやにおい、毛玉などがあれば、できる範囲できれいにしておきましょう。

とくに袖口や脇、襟の後ろなどは査定時に重点的にチェックするポイントです。

また、洋服にシワがある場合、査定額に影響することが多いです。

洗濯表示を確認した上で、アイロンをかけておくといいでしょう。

シーズンの少し前に売る

シーズンが始まる少し前に売却すると、高価買取が期待できます。

具体的な時期は、以下を参考にしてみてください。

春服2月~3月
夏服5月~6月
秋服8月~9月
冬服10月~11月

同じブランド服でも、売却のタイミングで査定額が変動します。

また、買取業者によってはシーズン前に買取強化をしていることがあるため、シーズンより少し前の売却がおすすめです。

付属品をそろえておく

ベルトやボタンなどの付属品があれば、服とあわせて査定を依頼しましょう。

ギャランティカードや箱、ショップバッグなど、購入時についてきたものも付属品です。

正規品である証拠になるため、査定額が高くなる傾向にあります。

複数点まとめて買取に出す

複数点まとめて買取に出すことで、付加価値が付くことがあります。

とくに同じブランドの服が複数点ある場合は、なるべくまとめて売るようにしましょう。

また、ノーブランドの服だけでは買取不可としている買取業者でも、ブランド服とあわせて売ることで、買い取ってもらえる可能性があります。

保管方法に気を付ける

服は、保管方法がよくない場合、着ていなくても劣化します。

日焼けや色あせを防ぐため、直射日光があたらない場所で保管しましょう。

また、服の保管によくあるトラブルとして、カビや虫食いがあります。

除湿剤や防虫剤を使用し、定期的にクローゼットを掃除しましょう。

ブランド服を手入れするコツ

ブランド服を高価買取してもらうためには、日々のお手入れが大切です。

正しくメンテナンスすることで、きれいな状態で売却できます。

ここでは、4種類の素材別にお手入れ方法を紹介します。

ウール素材

着用後は、ブラッシングをしてホコリを落としましょう。

摩擦により毛玉がつきやすいため、1日着たら少し休ませてあげると長持ちします。

また、毛玉ができた際は、ハサミや毛玉取り器などで優しくカットしましょう。

レザー素材

1週間に1度ほど、馬毛ブラシや柔らかい布で優しく拭くことで光沢がでます。

雨に濡れてしまった際は、乾いた布をたたくようにして水分を拭き取り、陰干しします。

シーズンが終わったら、オイルなどで油分を補給するといいでしょう。

スーツ

着用後は必ずハンガーにかけ、ポケットの中身を取り出し、優しくブラシをかけます。

クリーニングに出し過ぎると型崩れや風合いを失う原因になるため、シーズンが終わったらクリーニングに出すようにしましょう。

返却時のビニールは通気性が悪いため、すぐに取り外すことをおすすめします。

ムートン素材

ムートン用のブラシで優しくブラッシングし、毛並みを整えます。

直射日光に弱いため、干すときは陰干しするといいでしょう。

シーズンが終わったらクリーニングに出すことで、カビや変色を防げます。

まとめ

ブランド服は、買取市場でも需要があります。

もし、しばらく着ていないブランド服がお手元にあれば、売却を検討してみてください。

高価買取してもらうコツなどを参考にしながら、ブランド服の買取実績がある買取業者に査定を依頼しましょう。

ブランド買取に保証書はどう影響する?保証書がないときの注意点も解説!

ブランド品を購入したとき、保証書(ギャランティカード)がついてくること […]

2024/05/08

ブランド買取の流れを解説!待ち時間はどれくらい?

ブランド品を買取してもらおうと考えたとき、気になってくるのは待ち時間で […]

2024/05/02

ブランド買取に年齢制限はある?未成年でも買取してもらえる条件とは?

ブランド品はどの年齢の方にとっても魅力的なものです。 未成年の方でも、 […]

2024/04/19