古い着物でも買取OK!高く売るコツやおすすめの買取先とは?

2023/08/01

ご自宅で古い着物が眠っているという方も多いのではないでしょうか。昔の着物など使い道がないと思われがちですが、実は高く買い取ってもらえるケースがあるのです。あなたのご自宅にも、お宝が眠っているかもしれません!

今回は、古い着物でも買取してもらえる理由や高く売るコツ、おすすめの買取先についてご紹介します。古い着物を無駄にしないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

[ez-toc]

昔の古い着物でも買取してもらえる3つの理由

そもそも、古い着物は買取してもらえるか不安という方も多いです。結論から言うと、古い着物でも買取してもらえます。

まずは、古い着物でも買取してもらえる下記3つの理由をご紹介します。

  • そのまま再販できる
  • リメイクやハギレとして再販できる
  • レンタルで利用できる

そのまま再販できる

古い着物であっても、そのまま再販できるケースも多いです。昔の着物は、その美しさや独特の風合いから、古いものでも価値があるとされています。

特に、有名作家や有名産地の着物、状態の良い着物はそのまま再販されるケースが多く、高価で売れることも少なくありません。

また、100年以上前に購入した高額な着物やバブル時代に購入した着物も、その価値を認められて高額で買取される場合があります。そのため、単純に古い着物には需要があるのです。

リメイクやハギレとして再販できる

着物は一枚布で作られているため、リメイクやハギレとして再利用可能です。特に、古い着物の柄や色合いは現代ではなかなか見かけないため、リメイク品として人気があります。リメイクは着物だけではなく、雑貨や洋服などにも生まれ変わります。

また、ハギレとして販売することで、手芸愛好家やデザイナーによって新たな形で生まれ変わることもあります。ちなみにハギレとは、布を裁断した後の半端な布切れのことです。

手芸に使うときには小物を作ることが多いため、大きい着物より、むしろ小さくなっているハギレの方が、都合がいいのです。

レンタルで利用できる

昔の着物は、その独特の風合いや歴史的価値から、レンタル業者にも需要があります。特に、結婚式や成人式などの特別な日には、古い着物を着ることで一味違った雰囲気を出すことができます。

また、映画やドラマの撮影などでも、時代背景を表現するために古い着物がレンタルされるケースもあります。加えて、着物は日本へ旅行に来た外国人にも人気があり、着物をレンタルして街を歩く方も多いです。

これらの理由から、昔の古い着物でも買取してもらえる可能性があるといえます。

レトロな古い着物を高価買取につなげる3つのコツ

どうせ古い着物を買取に出すなら、できるだけ高く買い取ってもらいたいものです。ただ、高く買い取ってもらうには、いくつかコツがあります。

そこで、ここでは高価買取されやすくするためのコツを3つご紹介します。

  • 保存状態に注意する
  • 証紙や落款がある場合は一緒に提示する
  • 複数業者に見積もりを依頼する

保存状態に注意する

着物の価値は、その状態に大きく影響されます。破れやカビ、シミや黄ばみなどの汚れがあると、価値が下がる可能性が高いです。そのため、保存状態には十分注意しましょう。

ただ、無理に染み抜きをすると価値を下げてしまうことがあるため、高価な着物であれば着物専門のクリーニングを頼み、綺麗にしておくのがおすすめです。また、匂いも査定に影響する可能性があるため、可能であれば匂い消しも売却前に行うといいでしょう。

証紙や落款がある場合は一緒に提示する

着物の価値を判断する際に、作家名や作品の証明となる証紙や落款があると、その価値は一層高まります。特に、有名な作家の作品であれば、その価値は大幅に上がるでしょう。

証紙や落款がない着物でも、専門の業者であれば、作家着物かどうか見極めてくれる場合もあります。ただ、証紙や落款があった方が、作品の証明になるため安心です。

そのため、証紙や落款がある場合は、それらを一緒に提示することをおすすめします。

複数業者に見積もりを依頼する

着物の買取価格は、業者によって大きく異なる場合があります。そのため、一つの業者だけに依頼するのではなく、複数の業者に見積もりを依頼することで、より高い価格で買取ってもらうことが可能です。

また、複数の業者から見積もりを取ると、自身が持っている着物の市場価値を把握可能です。相場を把握していれば、万が一安い買取金額を提示されても、自分で安いと判断できます。

適正価格、そして高価買取につなげるため、相見積もりは欠かさないようにしましょう。

おすすめはどこ?古い着物の買取先一覧

古い着物を買取に出す際、選択肢が多く、どこへ依頼するか迷う方も多いです。

最後に、実際に古い着物を買取に出すならどこがいいのか、下記3つの買取先とおすすめをご紹介します。

  • リサイクルショップ・質屋
  • フリマアプリ・ネットオークション
  • 専門の買取業者

リサイクルショップ・質屋

リサイクルショップや質屋は、手軽に利用できる買取先として一般的です。店舗が身近にあることが多く、手間をかけず好きなときに商品を持ち込めるのが特徴です。

しかし、着物の価値を正確に評価する専門知識を持つスタッフがいない場合があり、その結果、適正な価格で買い取ってもらえない可能性もあります。

そのため、とにかく早く売りたいときにはいいですが、高く買い取ってもらうという観点から見ると、おすすめとはいえません。

フリマアプリ・ネットオークション

フリマアプリやネットオークションは、自分で価格を設定し、直接買い手と交渉できる点が特徴です。近年は消費者同士がメッセージをやり取りして商品を売買するケースも多くなっており、着物もフリマアプリやネットオークションで売買できます。

しかし、着物の価値を適切に評価し、適正な価格を設定するためには、一定の知識と経験が必要です。ただ、適正な価格を設定できても、売る相手は素人の方が多いため、売れない可能性も考えられます。

また、商品の撮影や出品、発送などの手間が発生してしまうのも、気になるポイントです。そのため、古い着物を売ることを考えると、フリマアプリ・ネットオークションはおすすめの選択肢とはいえません。

専門の買取業者

専門の買取業者であれば、着物の価値を正確に評価し、適正な価格で買い取ってくれる可能性が高いです。特に、高価な着物や作家物の場合、専門知識を持つ業者に査定してもらうのが重要です。

また、出張買取や宅配買取を行っている業者も多く、手間をかけずに利用できます。着物が大量にある場合は、持ち運びの手間がなく便利です。

そのため、着物を高く買い取ってもらいたい場合は、専門の買取業者へ依頼するのが最もおすすめの選択肢です。相見積もりを取る際は専門の買取業者へ依頼し、なるべく高値で買い取ってもらえるようにしましょう。

まとめ

古い着物でも買取は可能です。なぜなら、そのまま再販できたりリメイクやハギレとして再販できたり、レンタルで利用できたりするため、需要があるのです。

ただ、古い着物であれば何でも高価買取してもらえるわけではありません。保存状態が良かったり、証紙や落款があったりすると、高価買取につながりやすくなります。

また、複数の業者に見積もりを依頼すると、相場が分かり、より高値で買い取ってくれる業者を見つけられるためおすすめです。

買取先としては、主にリサイクルショップ・質屋、フリマアプリ・ネットオークション、専門の買取業者の3つが存在します。この中では、着物の価値を正確に評価し、適正な価格で買い取ってくれる可能性が高い専門の買取業者がおすすめです。

出張買取や宅配買取を行っている業者も多いため、家にいながら気軽に利用できます。古い着物を売る際は、まず専門の買取業者を検討してみましょう。

【2024年最新】口コミあり!新潟のおすすめ着物買取業者10選

「着物を売りたいけど、どこで売れば一番お得かわからない」と悩まれている […]

2024/07/10

【2024年最新】口コミあり!京都のおすすめ着物買取業者10選

大切にしていた着物を手放すなら、信頼できる買取業者を選びましょう。この […]

2024/07/10

着物買取はトラブルだらけ?事例や悪徳業者の特徴、対策を解説!

着物買取は便利ですが、トラブルもつきものです。思い入れのある着物を思い […]

2024/06/25