時計買取で必要なものは?|付属品など忘れがちなものまで徹底解説

2024/06/13

時計を買取に出す時に、時計本体だけを持っていこう、と考えている方はいませんか。

時計買取を行う際は、事前にいくつかの「持ち物」を準備しておくことが必要になります。これらの持ち物を一つでも忘れると、買取を断られたり、査定額が下がることがあります。そのため、必要なものを事前にしっかりと揃えておくことが大切です。

本記事では、時計買取を利用する際に必要な持ち物について詳しく解説します。定番のものから忘れがちなものまで、全てをカバーしているので、ぜひ参考にしてください。

腕時計の買取に必要なもの

腕時計の買取に必要なものは、時計本体だけでなく重要なものが複数あります。時計買取を行う際は忘れないようにしましょう。

時計買取 必要なもの一覧

時計買取の際に必要なものは以下の通りです

  • 腕時計本体
  • 身分証明書

時計買取の際にあると良いものは以下の通りです

  • 保証書
  • 取扱説明書
  • ブレスレッドの余りコマ
  • 変えベルト
  • オーバーホール証明書

腕時計本体

腕時計を買い取ってもらうので腕時計本体は買取に必須のアイテムです。複数の時計を買い取ってもらう場合などは、全ての時計が揃っているかチェックを行いましょう。

また、時計にゴミやほこりがたまっている場合はしっかりと拭き取っておきましょう。鑑定の際の時計の印象が変わるのはもちろん、高級ブランドの時計だと少しの汚れで鑑定結果が大きく変わってくることがあります。

身分証明書

身分証明書は忘れる方が多いものとなっていますが、時計買取の際に必ず必要なものとなっています。古物営業法という法律で買取を行う際の本人確認が義務づけられており、本人確認では以下のような書類が使用できます。

  • 運転免許証
  • 各種保険証
  • 住民基本台帳カード(マイナンバーカード)
  • パスポート

これらが身分証明書として有効ですが写真、住所、名前が記載されていることが条件となっています。証明書の期限が切れていたり、顔写真の記載が無いと別の証明書の提示を求められるので、証明書は複数所持することをおすすめします。

保証書

時計の品質や製造元などを証明する重要な書類です。保証書にはモデル名やシリアル番号が記載されており腕時計が本物である証拠となります。紙媒体の保証書が一般的ですが、現在ではシリアル番号などが記載されているギャランティーカードというものがあり、これを時計と一緒に買取に出すと、時計が本物であると証明することができます。

また並行輸入品を購入した際は、国際証明書を受け取ることができます。こちらも保証書の役割を果たすものになるので保管しておくことをおすすめします。

取扱説明書

時計買取を行う際に取扱説明書があると買取価格が上がる可能性があります。しかし、最近では取扱説明書を後からネットでダウンロードすることが可能になっているモデルもあるのでそのようなモデルは取扱説明書が無くても買取には影響しません。

時計の箱

時計の箱が無い場合でも時計買取を行うことは可能です。しかし、高級ブランドになると時計の箱でも需要が高まるので、買取価格が低下することがあります。これには中古市場での箱などの付属品がすべてそろっている「完品」が売れやすいという背景があります。少しでも時計の買取を希望している方は時計の箱も綺麗に保管しておくようにしましょう。

ブレスレットの余りコマ、替えベルト

時計のブレスレットの余りコマや替えベルトは、買取価格にあまり影響はありません。買取時に所持している場合は、次のオーナーの為に一緒に買い取ってもらいましょう。買い取ってもらうことで次のオーナーは自分好みの時計にカスタマイズすることができます。

オーバーホール保証書

オーバーホールとはゼンマイ式で動いている時計を分解洗浄する行程のことを指します。3年から5年に一度このオーバーホールメンテナンスを行うことで時計を故障なく使い続けることができます。この時に発行される証明書がオーバーホール証明書となります。

 時計の買取を希望している方の中には、オーバーホール証明書がある方が査定金額が高くなるのではないか、と考える方もいるかもしれません。実際にはオーバーホールにかかる費用のほうが高く、最終的な査定金額が低くなってしまう可能性があるので、オーバーホール証明書をわざわざ取得する必要はありません。過去にメンテナンスを行っており、オーバーホール証明書を持っている方は、メンテナンスを行っていた証明となるので買取時に持参すると良いでしょう。

一口に付属品といっても保証書、取扱説明書、時計の箱、ブレスレットの余りコマ、変えベルト、オーバーホール証明書とたくさんのものがあります。所持している場合は忘れずに買取時に持参してより高い金額で買い取ってもらえるようにしましょう。

買取価格が下がる要因

買取価格が下がる要因としていろいろな事がありますが大きな要因をご紹介します。下記のような要因を避けながら自分の時計をより高い値段で買い取ってもらえるようにしましょう。

付属品が無い場合の買取 

時計を購入すると前述したように様々な付属品がついてきます。

結論から言うと付属品が無い場合は査定額に大きな影響が出てしまうケースがほとんどです。ケース別で事例をご紹介します。

箱がない場合

腕時計の箱が無い場合、30万~50万の時計だと5,000円、それ以上の金額の時計だと2万~3万査定が変わる可能性があります。

理由として高級時計は中古品でもコレクターが収集している場合が多く、箱のまま集める人もいるからです。また高級時計は中古品でもプレゼントとしての需要もあり、より完璧な形でプレゼントをしたい方が多く、箱の需要も高まっています。

保証書がない場合

保証書が無くて買取を断られてしまう事は稀なケースですが、保証書も箱と同じく無いと査定金額が減額される場合がほとんどです。具体的な減額される金額については時計の買取金額が大きくなるにつれて、減額金額も大きくなります。

30万~50万の時計だと1万円、それ以上の金額の時計だと5万~10万査定が変わる可能性があります。時計の価値を証明する物になるので、高級時計を購入した時や、買取を前提で時計を購入した場合は必ず保証書を保管するようにしましょう。

高級時計については海外で販売される場合もあり、海外では保証書の有無がより重要になっています。海外でも人気のあるモデルであれば、保証書の価値はより高くなるでしょう。

その他付属品が無い場合の買取

時計には付属品として取扱説明書、箱、ブレスレットの余りコマなど様々なものがあります。このような付属品が無い場合でも査定金額が減額される場合があります。低価格な時計であれば減額されないこともありますが、高級な時計であればより完璧な状態が求められます。すべての付属品がそろっていた場合は査定金額が数十万円加算されることも少なくありません。

時計のモデルの人気が低い

時計のデザインやモデルには一定の人気があるモデルとそうでないモデルがあります。自分が気に入って購入した時計でも人気の低いモデルだった場合は、買取査定額が購入金額よりも大幅に低くなってしまう場合があります。時計を買い取って貰う前に自分の時計の評価をある程度調べておくと良いでしょう。

時計本体の状態が悪い

普段使用している時計であれば、身に着けているうちに傷がついてしまうことがしばしばあるかもしれません。細かい傷であれば買取価格にあまり影響しませんが、大きな傷などがついてしまうと高級なものや人気のモデルであっても買取価格が下がってしまいます。毎日使用する物なのでコレクションにしない限り、傷がつかない状態で保存することは難しいですが、傷がつきそうな時に時計を外すことが一つの対策になるかもしれません。

買取業者の仲介手数料の割合が多い

利益を重視せずに時計をたくさん取り扱うことで、適切な価格で買取を行う業者はたくさんあります。

しかし、中には相場よりも低い金額で買取を行い、販売を行う業者があることも事実です。買取業者のネットでの評価を見てみたり、複数の業者に買取査定を行ってもらい、より高額で買取を行ってもらうと良いでしょう。

買取業者の販売ルートが少ない

時計の買取を行っている業者はたくさんありますが、高い値段での買取を希望するならば大手の買取業者に買取を依頼することが基本です。

なぜなら、時計の価値(買取金額)はその時計がほしい顧客がどのくらいいるかで決まるからです。小規模な買取業者だと価値のある時計でも販売する顧客の数が限られてしまうので高い値段をつけることができないことがあります。逆に大手の買取業者だと多店舗での販売経路やインターネットでの販売経路があり、顧客が多いことから高額な金額で買取が行われる場合が多いです。

買取業者で迷った際は、まずは大手の業者を見てみるといいかもしれません。

時計の価値を正しく判断できない業者、正当な価格を伝えない悪徳業者に買取依頼をしている

時計買取を行っている業者には、複数人の査定士がいて適切な買取価格を提示してくれる業者がほとんどです。

しかし人気のあるモデルを人気の無いモデルだと言い適切でない価格を提示したり、中途半端な査定士だと流行のモデルを把握しておらず、相場よりも安い金額を提示されてしまう場合があります。この場合も買取業者の仲介手数料の割合が多い可能性がある場合と同じく、買取業者の評価を見てみたり、複数の業者に時計買取査定を行ってもらい高額で買取を行ってもらうと良いでしょう。

おすすめの時計買取業者を紹介

時計買取の業者選びではいろいろな注意するポイントがあることが分かりました。そこで今回はおすすめの買取業者をご紹介します。

バイセル

バイセルは買取実績2,700万点以上を誇る買取専門業者です。 東証グロース上場しており、メディアでも話題沸騰。 全国対応、無料出張買取、最短即日で現金でのお支払いが可能です。 全国各地に店舗があり、専門の資格や知見・経験を持った査定員の方々があなたのお宝を正確に査定します。

バイセルへの査定お申し込みはこちらから

ブランディア

ブランディアは年間200万点以上の商品を厳しい審査をクリアした査定員が査定しています。 取り扱っているブランド数は6,000以上なので、有名なヴィトンやシャネル以外のブランド品でも買取しており、 サービスは完全無料で15時までの申し込みで当日に宅配キットが届くので、短期間で買取査定してくれます。

ブランディアへの査定お申し込みはこちらから

ブランドオフ

ブランドオフは国内トップシェアのコメ兵HDのグループ会社なので安心です。 ブランドオフの最大の強みは、最短10分で返事がくるLINE査定のスピード感です。 すぐに買取金額が知りたいという利用者のニーズにしっかり応えており、 特に時計など小物の買取金額には期待ができるので、一度ブランドオフにLINE査定してもらいましょう。

ブランドオフへの査定お申し込みはこちらから

まとめ

時計買取を利用するときに身分保障書など重要書類を忘れてしまうと、買取を断られてしまうケースがあるので必要なものは忘れずに準備しましょう。時計の付属品がある場合は買取価格が上がる為、付属品も一度探してみることがおすすめします。

本サイトでは高価買取を行っているおすすめの時計買取業者を紹介していますので、時計買取を検討されているかたはそちらの記事も参考にしてみてください。

おすすめの時計買取業者ランキングはこちら

【2024年最新】口コミあり!福岡の時計買取のおすすめ業者10選

福岡で腕時計を売却するなら、信頼できる買取業者を選ぶことが重要です。こ […]

2024/07/10

時計を高値で売るコツとは?時計を買取に出す際の注意点を解説!

「時計を売りたいけど、どこで売ればいいかわからない。」 「高値で売るに […]

2024/06/13

時計の買取査定で偽物だったらどうする?ブランド時計買取の際の注意点について解説

ブランド品には偽物の存在がつきものです。偽ブランド品の流通はあとを絶た […]

2024/06/13